前へ
次へ

腰痛を克服するために変形性腰椎症を治療

何度も腰痛を繰り返す現状を変えるために、詳しい検査を受けるべきだと考えて医療機関に足を運んだところ、変形性腰椎症を発症している事が分かりました。腰の一部の形が変形している事は、鏡を見ているだけでは分かりにくくて、詳しい検査を受けてみて本当に良かったと思えます。検査を終えた翌日ぐらいに腰痛が一気に悪化したのですが、対処法も分かっていたので焦らずに治療を始められて、医師のアドバイスに従いながらリハビリを行いました。入浴の際の注意点などはとても分かりやすくて、浴槽から立ち上がる際には手すりなどを掴みながら、ゆっくりと立ち上がる事を心がけています。気付かないうちに腰に負担をかけている事が多いと学ぶだけで、普段の生活で注意するべき点がいくつも分かり、医師のアドバイスには感謝するばかりです。変形性腰椎症を治すために手術が必要かと考えていましたが、リハビリを続ける事で少しずつ症状は改善しており、ランニングなどの運動も現在では行えています。

Page Top