前へ
次へ

腰痛治療におけるIMS治療とは、その効果

腰痛治療の中には、最新の話題として、IMS治療と呼ばれる治療方法があります。この治療方法が生まれたのは、カナダ人の医師によって、西洋のリハビリテーションと東洋の針治療を融合した考えで作り出されました。そのため、日本で行われているIMS治療は、鍼治療を行っている鍼灸院などで行われています。腰痛における針治療は、ツボをイメージする場合もありますが、この場合においては、トリガーポイントと呼ばれる場所を求めます。トリガーポイントとは、過敏に働きやすい受容器と定義されており、筋肉を壊す恐れの神経などを示す場合があります。腰痛の治療においては、凝りが固まった筋肉の中から、トリガーポイント探し出します。そして、トリガーポイントに細い針を刺し、痛みが生じれば直ぐに抜き去ります。一般的な鍼治療は、針をそのままの状態にしておくことがありますが、ここに違いがあるのです。それを何度も繰り返していく中、次第に筋肉は柔らかくなり、腰痛が治まると言われています。

Page Top