前へ
次へ

くしゃみでのキツイ腰痛予防にストレッチを

普段から腰痛持ちの人は、うっかり大きなくしゃみをすると、余計に腰に激痛が走ることがあるので要注意です。ただでさえも腰痛に悩まされているのに、くしゃみをしたばっかりにぎっくり腰になってしまっては余計に痛みが強くなります。いくら腰が日頃から痛いとはいっても、くしゃみが原因で誰もがぎっくり腰になるわけではありません。ぎっくり腰を招きやすい体制があり、くしゃみをする際に前かがみになっていたり、立っている時のくしゃみが曲者です。ほとんど心配がないのは、床や布団に横たわっている時や、椅子や座布団などに座っている時であり、くしゃみをしてもグきっと来ることはほとんどありません。普通にくしゃみごときでぎっくり腰になるのは不本意ですが、くしゃみをすると意外にお腹に力が入ります。その力が椎間板と腰に、大きな衝撃となるので腰には最も強い負担となって、起こってしまうのがぎっくり腰です。予防のためにも腰回りの筋肉は、日頃から家での無理なくできるストレッチなどを継続して、柔軟にしておくようにします。

Page Top